top of page
昼休み

地域にこどもの居場所と相談できる場所を創りたい

株式会社HFM楽苦美GROUP

今日という日は、今日しかない。
今日という日の自分も、今日しかない。
​唯一無二の日。

未来は変えられる。

the future can be changed

NPO法人HFM楽苦美GTO

NPO法人 HFM楽苦美GTO

『「自分は一人じゃない」ということを知ってほしい』 人は一人では生きていけません。

生きていくうえで悩みはつきものです。

一人で悩まず相談しあい、解決の糸口を見つければいい。

そのことを教える場所を創りたい。

HFM楽苦美GROUP、HFM楽苦美GTOは、子どもたちの未来のために活動しています。

森林

Mission

私たちの使命

 

 

 

多様性を尊重し、

一人ひとりに

寄り添い、

関心を寄せ、

多様なプログラムを

通して、

意欲と創造性を

全ての人々へ。

私たちの活動について

our activities

Vision

実現したい社会

 

 

 

どんな環境でも

未来をつくりだす力を育むことができ、

誰も取りこぼさない

社会をつくる。

フラッグフットボール選手

フラッグフットボール選手

スカウト

スカウト

手を洗う少女たち

手を洗う少女たち

楽器を弾く姉弟

楽器を弾く姉弟

エクスカーション

エクスカーション

レストランでリトルガール

レストランでリトルガール

木を植える

木を植える

公園の清掃

公園の清掃

お母さんと一緒にヨガを練習する

お母さんと一緒にヨガを練習する

考古学的な掘削

考古学的な掘削

Reason

なぜ活動しているのか

社会がどのように変化していくのかが
見えにくい今、
人々の連帯を再生し、ともに地域・
社会を創り出す、共生社会の実現。

自ら未来をつくりだす「意欲と創造性」が
すべての子どもたちに必要です

NPO法人HFM楽苦美GTO データ

しかし、大人が思っているよりも

意見をきいてもらえないと感じている

こどもが多いことが推察される。

​意欲と創造性を持っている子どもの

芽を潰してしまう社会であることも

事実です。

“生まれ育った環境によって「教育格差」が広がっている日本社会”

洪水

災害

災害で日常を奪われ、学ぶ場を失い、オンライン授業などを通じ教育を

受けられない子どもがいる

農業庭園

過疎地

進路を考えるときに参考

となる主なロールモデルが
いないことで思い描ける
進路選択が限られる

幼稚園の卒業式

家庭環境

自宅の学習環境やPCなどの設備だけでなく、学習塾

などに通っているかどうかでも格差が生まれる

登校する学生たち

学校

入学する学校によって

受けることのできる教育の質に差が原因で生まれる

what we can do

"知ること"

社会で起きている問題を引き起こす最も大きな原因は、人々の「無関心」です。
すべての行動は、「知ること」から始まります。

書籍、映画、インターネットなど、いくらでも情報が得られる時代です。

今の社会に背を向けず、まずは現状を知ることが大切です。


"伝えること"

 

「知ったこと」それを家族や友人に伝えれば、社会の問題を知った人は2倍に増えます。

その問題をSNSなどに投稿し、発信すれば、その数は10倍、100倍にもなるでしょう。

今や、一億総発信時代とも言われています。

あなたの発信が、誰かを突き動かし、いずれ大きな力になるかもしれないのです。

"協賛をすること"

 

社会の仕組みは、簡単に変えることはできません。

しかし、お金の流れは変えることでき、その変化を起こすことで、

今ある教育格差問題を少しでも解決することができます。

お金だけでなく、協賛する人と人のつながりが、

大きな輪となり、子どもたちに大きな影響をもたらすきっかけになるはずです。

Our activities never end

Theme / Service
活動のテーマとサービス

HFM楽苦美GTO

成長して自立するまでの支援を行い、子どもと高齢者の交流を促進します。
大人の援助を必要としている子どもたちは、
私たちの近くにたくさんいます。
子どもは大人が守り、育てるべき「宝」であり、次世代を担う子どもたちが安心して
成長できる環境を整えることは、私たち大人の責務です。
子どもたちに寄り添いながら、
子どもたちが生きる力を取り戻す手助けをしよう、そう考える大人たちが全国にいます。

子どもたちの多くは、18歳で児童養護施設や里親家庭を出て一人暮らしを余儀なくされます。
頼れる親や大人がいない中で、不安や寂しさを抱えながら住む場所を確保し、
就職や進学する子どもたちを、多様なプログラムを通して見守り、伴走します。

Theme_1

Theme_3

Diversity

子どもたち・大人たちの多様性を尊重し、やりたいこと・知りたいことに溢れた

毎日を過ごせるよう、きめ細かく多様な

サポートを提供するためのきっかけを

地域に仕掛けるサービスを

開発しています。

Theme_2

spontaneity

生きづらさを抱えている子どもに、

様々な分野で社会参加につながる学びや、

体験活動の場を提供し、興味関心を高めることで、生きる力を高め「やってみよう」という気持ちを惹き立たせる。

3人の子供たち

​inclusive

一人一人の違いを互いに認め合っていく中で、次第に互いの違いが気にもならない社会へと変化していけるよう、一人ひとりに寄り添い、一人ひとりに関心を寄せ、

日々サービスを開発しています

Theme_4

resilience

家庭環境など何らかの課題や事情を抱える10代や非行に走り、生活拠点を失った

少年へ心の安心を届けるための

居場所づくりやプログラムなどのサービスを開発しています。

Our activity report

​私たちの活動報告

Our company
私たちの会社について

株式会社HFM楽苦美GROUP

株式会社 HFM楽苦美GROUP

所在地:〒601-8414          

京都市南区西九条蔵王町62番地【地図】  

TEL:075-693-7705  FAX:075-693-7762    設立:平成11年12月8日(1999年)  

資本金:1000万円

取引銀行:三菱UFJ銀行

事業内容:スポンサーシップマーケティング          

                  資産保守、管理

NPO法人HFM楽苦美GTO

NPO法人 HFM楽苦美GTO

所在地:《本社》〒601-8414          

京都市南区西九条蔵王町62番地【地図

《白浜オフィス》〒646-0011          

和歌山県田辺市新庄町3128番地12【地図】  

TEL:075-693-7707  

設立:平成23年9月13日(2011年)  

事業内容:特定非営利活動に係わる事業

湖

official partner

協賛
日本ラグビー
帝塚山ラグビー部
進路
協賛2
bottom of page